わしの悩み

どうでもいい悩み


もう、わしの悩みは妻と娘の心を取り戻してあげるべく、全力でtっすけてあげることじゃ。以前のわしの中にあった悩みはもう、すでにわしの悩みではない。その悩みは、完全にどうしようもできない物事だから。

わしには兄がいた。四歳年上の兄じゃ。すでに兄の死んだ年齢を超えた。

兄は交通事故で頭を潰し死んだ。助手席の恋人は無事じゃった。死んだ兄の年齢をもうすいぶん上回って、わしは、失業生活をすごしておる。

気付けば、兄に関する記憶が薄らいでいる。わしはたまにこわいと感じる。わしの中から兄が、兄の記憶がなくなるのかと思うと空恐ろしくなる。しかし、兄の死をきっかけに、灰色の二十代をやり過ごせたような気もする。このまま薄らいでしまえとも一瞬思う。わしの大切なふたりを助ける為に忘れるべきなのかもしれない。わしはわしが死なない限り兄の死んだその日のことを忘れることはできない。

妻や娘がいなくなれば、わしには何が残るのだろうか。今のわしにはわからない。

電車から見える街の灯はオレンジ色。きれいじゃ。わしは、変わったのぅ。清廉潔白ではなくなり、ただ、テクニカルに人心を操る術を得た。威圧する傲慢さも体得した。大人の欺瞞に満ちた笑顔など、やろうと思えばいくらでもできる。

そのようなときに人の本当の優しさ、代償を求めない優しさに触れてしまうと心が張り裂けそうになる。建前で付き合うビジネスライクな連中と過ごし過ぎたのかもしれぬ。わしは立ち戻れない。失業生活はまだ終わらない。ふたりを取り戻すまで。

| 大阪 ☀ | TrackBack(2) | 日記

失業哲学

失業と死、孤独


ベストセラー本片手に電車で読書しておる営業周りと思しき若者がいた。なんだか心ここにあらず、と言った風じゃ。会社の仕事も大変じゃろうが、誰かに決められた風にページを繰っておった。この若者を見ていたら、若い頃、学級のみんなが自分の夢をキラキラした目をして語っておった時代を思い出した。

頓に近頃では無気力な児童が増えておると聞く。夢を描けぬ時代…そうかもしれぬが、わしには言い訳に聞こえる。この現代、古代ギリシャの奴隷制度も、傲慢な十字軍も、黒死病も、士農工商もB29の空襲もない高度情報化社会じゃ。なんの制約もない。

ただ、個人が孤立化している現状は危惧するのじゃ。ストレス、鬱、自殺、ニグレクト、家庭内暴力。制約は、わしら現代人の心に巣食う孤独じゃ。しかしのう。本当の孤独は、人と人の間にあるようじゃ。孤独は、街の人込みの中に、孤独はテレビ画面の明滅に隠されている。

わしら独りでこの世に生まれ唐突にこの世から去るさだめじゃ。金持ちも貧乏も関係無しじゃ。いずれの日にかわしらは、朽ち果て、土に還る。土に還るまで、毎日を生き抜いたほうが、よかろうとおもうのじゃが。死んだように生きるのは死者たちに申し訳がたたぬ。

わしも失業者じゃ。考えているばかリでは何も進まんようじゃ。おおよその見込みはついた。

孤独。わしは今確かに孤独じゃ。中国の山奥の仙人にでもなった気分じゃ。この孤独を自分の体に馴染ませるように、もうしばらくこの孤独と戯れる。

| 大阪 ☀ | TrackBack(1) | 日記

失業者もサラリーマンも同じ釜の飯を食う

失業料理


わしは立派なひとりの失業者。
今日の町場の食堂でメンチカツと胡瓜の酢の物を食ったわい。
町場の、とくにここの食堂の飯はいつも何をか言わんや、まずい。
妻の弁当がない日には、仕方なくこの食堂を利用してはいるが。

食べながら、あぁ、ファミリーマートにでも寄ってキム兄のお弁当でも買っておけばよかったのう、と気付いたときは後の祭り。近くで話しているサラリーマンの仕事の愚痴をネチネチ聞きながら昼飯を食う。

よけい飯が酷くまずく感じないでもない。

しかししかし、この食堂の胡瓜の酢の物は、滅法旨い。胡瓜の酢の物は妻の作るものよりもうまい。メンチカツは何とかするべきであろう。

娘が家で料理を作ったことはほとんどみない。たまにバレンタインデーが近くなれば妻と一緒にチョコレート作りに精を出しておる。というよりも、ほとんど妻がチョコを作っておる。
なんなんじゃろうな。

嫁に行く前にうまいメンチカツが作れるようになっておいてほしいのう、と思うのだが。
それが無理であれば、胡瓜の酢の物だけでもいい。

酢は体によいからの。
娘のような若い子らはまず好んで食べない食品じゃ。
まずこう言うのからつくってみなさいな、と娘を目の前にして諭すことは今のわしには無理じゃ。

まわりの友達等が料理の良さを教えてあげればよいのじゃがな。
ふうむ。まずこのスナック菓子ばかりを20代にもなってやめない習慣が間違っておるように思う。
そういってもわしも未だにタバコを吸う習慣を理屈つけてやめないわい。蛙の子は蛙、かもしらん。

| 大阪 ☀ | TrackBack(1) | 日記

エキスポランドの事故の予兆

万博記念公園


わしじゃ。おぼえてくれておるかのう?シーサーブロガーの諸君らよ。知らないとは言わさんぞよ。

最近までわしは本の虫じゃったが、鳥の囀り、木々の擦れる音、そのような自然の奏でるシンフォニーを聴きに自然公園を散策しておる。我ながらジジ臭い趣味よのぅと、思わなくもないが楽しいから仕方ない。自然公園というのは、万博記念公園のことじゃ。

最近ニュースに取り上げられておるエキスポランドの近くじゃ。あの事故の起きた日も、万博記念公園にきてた、悲しい事件じゃ。不謹慎だと思われるかもしれんが、・・・いつかそういう事件が起きるだろうという直感めいたモノはあった。間近に見る鉄筋、剥がれたペンキ、お世辞にもメンテナンスが行き届いているとは思えなかった。

わしらの世界には常に死が存在するようじゃ。天気が快晴で、あくまで太陽の塔は憮然とたっておるが、なにかしらちぐはぐな非現実な感覚がある。あるいは、再就職活動のせいでわしは心が病んでおるのかもしらんがわしとしては至って正常じゃ。金の心配もない。
家族のことが心配じゃ。しかし、やはりこの再就職に向けた生活はもう、終盤にさしかかって来ておるようじゃ。何を倒すべきなのか。どうすればふたりの心が取り返されのか。

習慣であさ早く起きてしまうのは少々辛いところではあるがのう。
家にはふたりがいる。しかし反応が鈍いままじゃ。別の世界で夢でも見ているような・・ふたりともそうじゃ。一体どうすれば元に戻るのか、転職活動はその後でないと・・・とてもそんな気は起きない。

| 大阪 ☀ | TrackBack(0) | 日記

失業者とマンガ喫茶

転職情報をマンガ喫茶で探す失業者仲間


わしはマンガ喫茶というものをよくはしらんのだが、最近マンガ喫茶に足しげく通っているプーがいるそうじゃ。プーとはわしもそう、プーじゃ。

マンガ喫茶では漫画が大量においてあるらしい。

しかしそれだけではないらしいそうじゃ。少々わしには驚きであった。

終電後、まんが喫茶で夜を明かすことができるそうじゃ。
まあ、ビジネスホテルに泊まるよりはかなり安上がりじゃろう。

しかし失業者仲間から聞いた話では、世間体もあり家周辺にはあまり入れない。ハローワークばかリ行く訳にも行かない。そんなときに、マンガ喫茶のネットポイントで転職情報を検索できたりもするとのことじゃ。ハイカラな世の中になったもんじゃ。わしは未だにワードもエクセルも使い切れないままじゃからのう。

ハローワークには届かない求人案内はネットででも公開されていると聞く。中には、転職に応募するだけで、ウン万円もらえるという派遣会社もあるそうじゃ。

そんなことを失業者仲間は言ったおったが、少々の金銭が目的ならおとなしく失業保険を申請すればよいであろうに、と思わなくはない。失業者なら、しっかり働きたい職を探すとか、わしみたいに、のほほんと失業生活をズルズルズルズルと楽しむとか、白黒ハッキリすればよいのにと思わなくもないのじゃが。

世間的には、失業者仲間の方がきっと評価されるのであろうな。。

| 大阪 ☀ | TrackBack(0) | 日記

ありがたいという言葉


シーサーブロガの諸君らよ。或いはエキサイトブログはたまたジュゲムブログなのやも知らん。わしのブログ「失業生活ドk素よ日誌」を見に来てくれて感謝でいっぱいじゃ。

「ドk素よ」という部分なんぞ、「読書」のタイプミスを直すのが面倒でそのまんま残したものじゃ。わしは変人ではあるが、そんあ変人のブログを読んで頂けるとこれ以上に勝る喜びはない。なあなら、この分s尿は、現在失業中であるわし自身のわし自身へのある種のセラピーのような側面もあるからのう。そのようなごく個人的な分s尿をわざわざ、こうした貴方が、おぬしが、読んでくれておると言うだけで超ハッピーである。
ここでかいている内容は、わしの、元課長補佐の徒然なる日記じゃ。その思い出と、ほとんど家族崩壊に近い現状を織り交ぜて、なんとか分s尿にしておる。書くのは辛くもあり、たのしくもある。


読んでくれるとありがたい・・・。

「ありがたい」。

有り難い。


滅多なことで、「有る」ことがない。


そのありさま、をへりくだって表現した言葉が今現在もわしたちが日常の中で使っておる言葉の中に残っておる。


「Hello」というような気軽さはないのう。
ありがたい、というのには重みがある。

わしも若いものに格好つけてHello!なんぞ言ったりまするが…。


でも、わしはこの日本語特有の言葉への気遣いが好きじゃ。


だから、もういちど、このブログを見に来てくれたおぬしへ。




ありがたい。

| 大阪 ☀ | TrackBack(1) | 日記

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。